さかぐちブログ

2012年5月27日 日曜日

再生の事例

小規模個人再生を申し立て、再生計画案の提出まできたのですが、本人の収入の関係で3年では難しいと思い、5年の返済計画案をにしたところ、裁判官がなかなか認めてくれず、粘って説得していたところ、やっと認めてもらえました

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

2012年5月21日 月曜日

新たな手口

最近のある種の金融業者の営業の手口として、既に時効消滅していると思われる債権の譲渡を他の業者から受けていきなり電話とか自宅を訪問とかするのがある 簡裁へ訴訟を起こしてくるケースもある 時効を主張せずに支払いに応じたり、簡裁での和解をしてしまう例を実際に見聞した 価値のない債権を譲り受けて請求すれば、たまに払う人もいるからそれで商売として成り立つ、ということであろうか

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

2012年5月21日 月曜日

相談事例

最近相談を受けた例の中で太陽光発電設備をクレジットで買ってしまった、というのがある ほとんどメリットのない代物で気がつけば借金だけが残っていたという感じ  すごくいい商品だからと業者の甘言に騙され、自分の支払い能力をよく考慮していない よくもまあクレジットの審査が通過できたな、という家計 そういえば筆者の過去5年ほどの債務整理の記憶の中で5名くらい太陽光発電設備を買った人がいたように思う 訪問業者は昔も今も悪徳押し売りということでしょうか

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

2012年5月15日 火曜日

最近の購入本

最近買った本に井上薫著の死刑の理由というのがあります 死刑判決文を集めたもので興味深い 唯、この著者にはあまりよい印象は持っていません この著者は昔裁判官でしたが、なかなか破産の免責をださない人として有名であったと記憶しています 破産概説とかいう4千円ほどの本も出していましたが、免責をださないのが破産法の原則であるというような厳格な運用を述べていたように記憶しています 神戸地裁にも居たようですが、免責許可率が99,9パーセントを超える日本の裁判実務からかなり独特であったと思っています

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

2012年5月10日 木曜日

団塊の世代

団塊の世代が退職して退職金を受け取り、さらに年金を受け取り始めた 団塊の世代の購買力は100兆円になるという だがその世代がそれだけ消費するかは分からない 世界経済に暗雲が立ち込め、日本財政は世界最悪の国債残高を抱える 民主党は消費税増税は公言したが税と社会保障の一体改革の中身は明瞭ではない その一体改革とは具体的にいうと年金を引き下げ医療費の国民負担を増やすことで選挙結果に直結しやすい 戦後の保守政治はきちんと投票に行く老人層に手厚く、投票に行かない若年層には税の恩恵を与えてこなかった しかし1000兆という天文学的数字に膨れ上がった財政赤字の限界は近い 思い切った削減は必要となる これから国民の生活はかなり傷みを伴うものになる その状況で団塊世代がホイホイと支出するのであろうか

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

2012年5月 8日 火曜日

CFJ控訴審

一審でCFJに勝ったケースに控訴があり答弁書を準備中 無担保から担保への切り替え事例で一審は一連計算を認めた 根抵当権設定して証書貸付を1回限りで後は返済のみとCFJはいうが、それは嘘で極度増額の例はいくらでもあり、極度の範囲内の貸し増しも多い 全社あげて無担保客を担保ローンへ勧誘していた実態を明らかにする方針です

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

2012年5月 8日 火曜日

御小遣い

アエラの記事によるとあるアンケートでは夫婦でこずかい制をとっているのは全体の67パーセントになる、という 夫のみ小遣い制は40パーセント 平均額はバブル期の半分で36000円 500円ランチに飲み会なし、働く意欲がなくならないか

投稿者 さかぐち司法書士事務所 | 記事URL

モバイルサイト

右のQRコードを読み取って
携帯サイトに
アクセス!

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834 三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら