2013年12月10日 火曜日

民事再生、破産の裁判所の対応の差-津市の司法書士ならさかぐち司法書士事務所へ

津市で債務整理でお悩みなら津市のさかぐち司法書士事務所まで。
自己破産や消滅時効などの手続きを行っております。
------------------------------------------

最近、名古屋地裁へ住宅ローン特則付小規模民事再生の申し立てをしたところ、民事再生委員が付けられた。
債務者は誠実で申立書も嘘いつわりのない詳細なものでこれが三重の裁判所なら再生委員はつきようがないケースであった。
裁判所にとって不審なところがないであろうケースにも再生委員をつけてくる。

都会は弁護士が多いから仕事を与えるという意味があるかもしれない。東京地裁の破産処理は全件管財人をつけるらしい。
あるいは都会のほうがある事実を隠すとか嘘偽りの申し立てが多く、それの対策かもしれない。

これに関係して最近ある電話相談があった。 それは破産の申し立てをどこかの事務所にいらいしたが、
ある個人からの借金を意図的に隠したという話。
その申立人の数百万円の全負債の原因はある女性との交際であったが、最後はその女性からも借金をしており、それを事務所に言わずに破産を依頼した。しかしその女性から返済を求められ困っている 。

投稿者 坂口司法書士事務所

モバイルサイト

右のQRコードを読み取って
携帯サイトに
アクセス!

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834 三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら