さかぐちブログ

2012年5月21日 月曜日

新たな手口

最近のある種の金融業者の営業の手口として、既に時効消滅していると思われる債権の譲渡を他の業者から受けていきなり電話とか自宅を訪問とかするのがある 簡裁へ訴訟を起こしてくるケースもある 時効を主張せずに支払いに応じたり、簡裁での和解をしてしまう例を実際に見聞した 価値のない債権を譲り受けて請求すれば、たまに払う人もいるからそれで商売として成り立つ、ということであろうか

投稿者 さかぐち司法書士事務所

モバイルサイト

右のQRコードを読み取って
携帯サイトに
アクセス!

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834 三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら