さかぐちブログ

2012年2月29日 水曜日

ヤミ金について

貸金業法の借入額の規制により多くの人がヤミ金で借りるようになってしまったというのが私の見解です 私の経験ではヤミ金は二つのタイプがあるように思いました 司法書士がそのヤミ金に債務整理の介入の電話をいれます それで引き下がるタイプがあります おそらく、副業的に一人でヤミ金を営業していて自分の素姓を感ズカレルのを極端に嫌う もうひとつのタイプは介入の電話を入れても客に対する嫌がらせの電話を全くやめない 親、兄弟、近所へ電話をしまくる おそらく、組織的に複数人で営業している 警察に相談に行き、警察官からヤミ金の携帯にでんわを入れてもらっても効果がないケースもあります ただ、こちらにも強力な対抗手段があります ヤミ金は多くの銀行口座を持っています 客に対する返済口座の指示は毎回違う口座になります その口座の凍結はヤミ金にとって打撃です 銀行にヤミ金口座凍結依頼をしたところ、その口座の名義人本人と名乗る人物から電話があり、自分はヤミ金と関係がない 凍結されて迷惑していると言っていました 次の日も同じ名前を名乗る人物から電話がありました ところが声が違い別人と判りました

投稿者 さかぐち司法書士事務所

モバイルサイト

右のQRコードを読み取って
携帯サイトに
アクセス!

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834 三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら